2004年12月21日

ウォーキングダイエット(7) 続けるためのヒント

ウォーキングダイエットは、なかなか時間がとれなくて続かないことがあります。そんな人のために、ウォーキングダイエットを続けるためのヒントをまとめました。

  • 通勤通学や帰宅時間を利用して歩く。

    これは会社や学校に通っている人に向いています。決まった時間に歩けるので習慣になりやすく、わざわざ歩くための時間をつくる必要もありません。

    ウォーキングは朝と夕方に行なえますが、朝のウォーキングは遅刻しないように時間を気にしたり、汗をかくので着替える必要があります。また、起きてすぐに家をでる人や、朝食を取らない習慣の人は、体に負担がかかるので避けてください。

    夕方の帰宅時は、時間に追われる心配がないのでおすすめです。時間に余裕があれば、気分転換にいつもと違う道を歩くのもいいかもしれません。意外にいろいろな発見があり楽しいそうです。

    鉄道やバスで通っている場合は、ひとつ手前の駅やバス停で降りて歩いてみてはどうでしょう。

    また、会社や学校の休日は、疲労解消のために休養日にするといいかもしれません。

  • 毎日の買いだしを利用して歩く。

    これは専業主婦の人に向いています。毎日、スーパーなどへ買いだしに出かける専業主婦の場合、決まった時間に出かけることが多いので習慣になりやすく、わざわざ歩くための時間をつくる必要もありません。

    近所にいつも利用する商店やスーパーなどがある場合は、すこし遠回りをするようにします。

    また、手に買いもの袋を持ちながらのダイエットウォーキングは、転倒すると危険なので、帰りは普通に歩いて帰宅してください。それでも歩かないよりは効果があります。

そのほか、天気に左右されたくない人は、ウォーキングマシーンを利用するのも1つの手です。炎天下、雨や雪の日など、外でウォーキングをするには向かない日も少なくありません。

関連記事>
ウォーキングダイエット(1) はじめに
ウォーキングダイエット(2) ウォーキング方法
ウォーキングダイエット(3) 効果的な時間帯
ウォーキングダイエット(4) ウォーキングシューズの選び方
ウォーキングダイエット(5) ウォーキングの服装
ウォーキングダイエット(6) 脂肪燃焼効果
ウォーキングダイエット(7) 続けるためのヒント
ウォーキングダイエット(8) ウォーキングマシーンの利用
posted by orangepip at 01:14| ウォーキングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。