2005年09月05日

風船ダイエット(3) やせる仕組みについて

人間の体は冷えると保温のために体脂肪を増やそうとして、食欲中枢がたくさん食べることを要求します。このことから、もし体温を高く保つことができれば食欲を抑えることができ、減量ができるのではないかと考え出されたのが風船ダイエットです。

つまり、風船をふくらますことで体温が上がり、その結果食欲が抑えられ、食べる量も減り、やせるという仕組みです。「足湯」が良いと言われるのも体温を上げるのに効果的だからです。また、風船をふくらませるという行為は複式呼吸でもあるためリラクゼーション効果があります。これはストレスによる過食も軽減してくれると考えられます。

一般的に風船ダイエットは、有酸素運動による脂肪燃焼を目的としたダイエット方法というイメージがありますが、本来は体温を高く維持することにより、食欲を抑えることを目的としたダイエット方法です。そのため風船ダイエットでは、いかに脂肪を燃やすかではなく、いかに体温を上げるか、または体温を下げずに維持するかに重点が置かれています。

そのような理由から風船ダイエットでは、冷たい飲み物を飲むことは体を冷やしてしまうため、避けるべきであると考えられています。また同様に、夏場の過度な冷房も体を冷やしてしまうため避ける必要があります。

posted by orangepip at 12:19| 風船ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。