2005年11月22日

エアロバイクの連続使用制限をメーカー別に一覧で紹介

エアロバイクは健康目的やダイエット目的に有酸素運動を行なうのに効果的なエクササイズ器具ですが、中には連続使用が30分程度に制限されている機種があります。運動不足の解消や健康維持にエアロバイクを利用するならいいかもしれませんが、ダイエット目的でエアロバイクを利用する場合は、30分では本当に効果的な有酸素運動とは言えません。できれば60分程度は連続使用できるものが欲しいところです。

しかしながら、エアロバイクを販売しているショップでは連続使用の制限に関する情報を記載していないところがほとんどです。これでは本当に自分の目的に合ったエアロバイクを選ぶことはできません。そこで今回は、比較的人気のあるエアロバイクを中心に連続使用に関する情報を集めてみました。

メーカー別エアロバイクの連続使用制限の一覧

今回掲載したエアロバイクの連続使用に関するデータは、ショップの商品ページに記載されている情報や、直接メーカーまたはショップに問い合わせて確認した情報です。また、連続使用できる時間は負荷のかけ方やペダルのこぎ方などの使用方法によっても変わるため、ある程度の目安として捉える必要があります。製品によっては連続使用について厳密には定められていない機種もあります。

ALINCO(アルインコ)
製品名連続使用価格(円)
エアロマグネティックバイク AF600030分20,000前後
エアロマグネティックバイク AF640030分20,000〜24,000
エアロマグネティックバイク AF650030分17,000〜24,000
エアロマグネティックバイク AF660030分17,000〜22,000
チェックアップバイク AF530030分25,000〜30,000
チェックアップバイク AF550030分30,000〜34,000
チェックアップバイク AF580030分20,000〜25,000
プログラムバイク AF560030分23,000〜30,000
プログラムバイク AF570030分30,000前後
プログラムバイク AF590030分30,000〜40,000
COMBI WELLNESS(コンビ ウェルネス)
製品名連続使用価格(円)
エアロバイクEZ101100分70,000〜100,000
エアロバイクai100分100,000〜150,000
REMARK(リマーク)
製品名連続使用価格(円)
マグネットバイク FB-155P60分25,000〜30,000
マグネットバイク FB-230HP60分40,000〜50,000
マグネットバイク FB-300HP60分22,000〜30,000
マグネットバイク FB-660HP60分35,000〜45,000
マグネットバイク FB-890MHP60分73,000〜100,000
マグネットバイク RM-66060分35,000〜50,000
マグネットバイク RM-75560分30,000〜40,000
Bullworker(ブルワーカー)
製品名連続使用価格(円)
マグネットバイク DWH60分31,000〜38,000
マグネットバイク DXB60分35,000〜50,000
マグネットバイク INN60分20,000前後
マグネットバイク MCS60分35,000〜50,000
マグネットバイク UHB60分24,000〜33,000
マグネットバイク IN-III60分20,000前後
マグネットバイク DW-II60分26,000前後
マグネットバイク SRB60分25,000〜42,000
マグネットバイク TB60分30,000〜40,000
マグネットバイク SCA60分40,000前後
マグネットバイク SKB60分28,000〜40,000
マグネットバイク DJC60分40,000〜50,000
PROTEUS(プロテウス)
製品名連続使用価格(円)
ホームマグネティックサイクル PEC203060〜120分34,000前後
ホームマグネティックバイク PEC300060〜120分40,000前後
Cateye(キャットアイ)
製品名連続使用価格(円)
エルゴサイザー EC-1200100分100,000〜130,000
エルゴサイザー EC-1600100分210,000〜230,000
エルゴサイザー EC-3200100分60,000〜75,000
エルゴサイザー EC-L3200100分60,000〜75,000
エルゴサイザー EC-C400100分190,000〜200,000
エルゴサイザー EC-F400100分300,000前後
エルゴメーター EC-2300100分360,000前後
その他
製品名連続使用価格(円)
ニューエックスバイク15〜20分13,000前後
コンパクトマグネットバイク20〜30分20,000前後
エアロライフ スタイリストバイクPRO60分50,000前後
マグネットバイクスケルトン B-75030分20,000前後

エアロバイクの連続使用制限についてのまとめ

以上のようにして調べてみると、60分程度の連続使用が行なえないエアロバイクが意外に多くあることが分かりました。特に比較的格安で人気のアルインコ製のバイクが、全て30分程度に制限されていることは少し残念な結果かもしれません。それでも健康維持のために何か運動をしたいという人には、やはりアルインコのバイクはおすすめではあります。

それでは、ダイエット目的に使えて価格的にもおすすめなエアロバイクはというと、やはりブルワーカーの「マグネットバイク IN-V」あたりになるでしょうか。60分の連続使用が可能で2万円前後と低価格です。しかも静音タイプでひと通りの基本的な機能もそろっているので悪くないと思います。デザインも女性向きで可愛らしい感じです。

また、今回調べていて個人的にいいと思った製品としては、「エアロライフ スタイリストバイクPRO」が挙げられます。値段は5万円程と少し高くなりますが、プログラム機能や体脂肪率測定機能など機能が充実している割に値段が安く、全体的に落ち着いた感じのデザイン的にも優れたバイクです。実際にかなり人気の製品です。

結局のところ、ダイエットを目的とした本格的な有酸素運動を行なうには、基本的に4〜5万円以上のエアロバイクを用意する必要があるかもしれません。最近では省スペースで低価格をウリとした、2万円ほどのコンパクトなエアロバイクが人気ですが、連続使用が20〜30分程度に制限されていることを知らずに購入する人がほとんどではないでしょうか。購入してから後悔しないためにも、連続使用がどれくらい可能なのかしっかり調べることが大事になります。

関連記事
「太ももやせ」や「脚やせ」に効果的なエクササイズ器具

posted by orangepip at 11:21| 特集記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。