ステッパーの王様!ラテラルサイトレーナーとは!

いまダイエットステッパーの中で最も有名な機種が、このラテラルサイトレーナーです。なにしろライバル製品の宣伝文句にまで、

ラテラルサイトレーナーと同じ運動効果
ラテラルサイトレーナーに負けない運動力
ラテラルサイトレーナーに続く人気商品

といったように、ラテラルサイトレーナーの名前が比較対象として使われるほどの知名度があります。まさに「ステッパーの王様」と呼ぶにふさわしい存在です。今回はこのラテラルサイトレーナーとはどんなダイエットステッパーなのか、いろいろな角度から詳しく紹介していきたいと思います。

左右の動きで効果的に下半身シェイプ

まず、ラテラルサイトレーナーの最大のウリともなっているのが、従来のダイエットステッパーとは違い、ステップするごとに左右の動きが加わるという点です。今までのような上下に踏み込むだけの単純なタイプと違って、スケートのような左右の動きが加わったことで、ウエストをひねる運動が簡単にできるようになりました。

これにより、従来のステッパーでは難しかった、腹筋、わき腹、太ももの内側と外側などの筋肉を、このラテラルサイトレーナーではマシンの動きに合わせて自然にステップするだけで効果的に鍛えることができます。その結果、ウエストやヒップ、太ももなどの最も気になる下半身の引き締めにラテラルサイトレーナーは抜群の威力を発揮します。

実際に多くの体験談を読んでみましたが、この下半身やせ効果を目当てに購入する人が多くいます。下半身やせに効果があるダイエットステッパーのなかでも、ラテラルサイトレーナーは代表的な存在といっても過言ではありません。しかも、ある大手テレビ通販会社のアンケートでは、ラテラルサイトレーナーを使用した8割以上もの人が、効果に満足したという調査結果も出ているようです。

ワークアウトビデオを見ながら楽しくステップ

ラテラルサイトレーナーには他のダイエットステッパーにない優れた特徴が数多くあります。その1つが「ワークアウトビデオ」です。ワークアウトビデオにはラテラルサイトレーナーを使用した数多くのエクササイズ方法が収録されているため、実際にトレーナーの動きやアドバイスを聞きながらエクササイズをすることで、より効果的に、しかも楽しくステップ運動が行なえるようになっています。

従来のステッパーは単純な上下の動きだけであったため、とくにエクササイズ方法を意識する必要はありませんでした。しかし、ラテラルサイトレーナーのように左右にも動くタイプのステッパーが登場し、さまざまな部分の筋肉に働きかけることができるようになったことで、引き締めたい部分ごとに異なったエクササイズを効果的に行なうことが可能となりました。

そのため、ワークアウトビデオがない他のダイエットステッパーでは、ともすれば引き締め効果の弱い単調なエクササイズになってしまいがちです。どういう動きのステップを行なえば、どこが効果的にシェイプアップできるのか、普通の人ではなかなか分からないことが多いため、結局、いつも同じ動きのバリエーションに乏しいエクササイズになってしまい、効果も今ひとつということが少なくありませんでした。

ラテラルサイトレーナーのようにワークアウトビデオがあれば、そのような単調なエクササイズになることもなく、自分の1番気になる部分を集中的にシェイプアップすることができます。そういう意味でも、ラテラルサイトレーナーを購入するなら、このワークアウトビデオを活用しない手はありません。

ただ、1つ注意しなければならないのは、必ずしも全てのラテラルサイトレーナーにワークアウトビデオが付属するわけではないということです。格安店で購入した場合、むしろ付属してないことのほうが多くあります。また、ワークアウトビデオには「英語版」と「日本語版」の2種類がありますが、ちゃんと内容を理解しながらエクササイズを行なうためにも、日本語版のワークアウトビデオを手に入れてください。

パワーコードで二の腕エクササイズも同時に

ラテラルサイトレーナーには別売りで「ラテラルサイ専用パワーコード」というものがあります。このパワーコードを利用すると、下半身だけでなく二の腕や背中などの上半身のシェイプアップまで、このラテラルサイトレーナー1台でできてしまいます。パワーコードの長さは調節ができるので、長さを短くして負荷を大きくすれば本格的な筋力トレーニングも可能です。

ただ個人的な意見ですが、このパワーコードを購入しただけでは、効果的なエクササイズは難しいかもしれません。下半身だけならステップするだけである程度の効果的なエクササイズが可能ですが、パワーコードを使用した上半身のエクササイズは、まず使い方を覚える必要があります。いきなりパワーコードを渡されても、どうエクササイズすればいいのか分からない人のほうが多いと思います。

幸いラテラルサイトレーナーにはエクササイズ方法が紹介されたワークアウトビデオがあります。パワーコードを使った上半身のエクササイズ方法も収録されているので、このワークアウトビデオを見ながらエクササイズをすれば、上半身のシェイプアップも効果的に行なえます。二の腕や背中のぜい肉も引き締めたい人は、ぜひパワーコードと同時にワークアウトビデオも揃えてください。

専用カウンターで目標をもってできる

このラテラルサイトレーナーには、「運動時間」、「総ステップ数」、「ステップ数/分」、「消費カロリー」が表示できる「専用カウンター」が付属しています。単調になりがちなステップ運動ですが、目標をもって行なうことで意外にやる気がでるものです。簡単に挫折しないためにも、せっかくですからラテラルサイトレーナーの機能を利用しない手はありません。

たとえばステップ数が分かるので、「1日1000ステップ」や「1週間で8000ステップ」などのように、具体的な目標を決めると達成感が生まれ張り合いがでると思います。また消費カロリーもある程度の目安が分かるので、毎日少しずつですが、ラテラルサイトレーナーでのダイエット効果を実感できます。

しかしながら、消費カロリーの表示は運動時間当たりのステップ数から単純に割り出しているだけのようなので、ある程度の参考として見てください。ラテラルサイトレーナーに限らず、大抵のステッパーについている消費カロリー機能というのは、それほど正確なものではありません。

もし正確な消費カロリーを知りたいのであれば、別に消費カロリーを測れるものを用意したほうがいいでしょう。ラテラルサイトレーナーをやりながら測れるものとしては、腕時計タイプの「POLAR(ポラール)心拍計」あたりがおすすめです。これなら、年齢、体重、性別、心拍数から、かなり正確な消費カロリーを教えてくれます。正確な消費カロリーが分かれば、ダイエットを目的にやっている人には大きな励みになるはずです。

連続使用の目安は約30分

ステッパーを利用して下半身や上半身のシェイプアップのほかに、減量を目的に行ないたいと考える人も多いと思います。そのためには有酸素運動で脂肪を燃焼することが必要ですが、効果的に脂肪を燃焼させるには、最低でも20分以上は継続して運動をする必要があると言われています。つまり、20分以下では減量効果はあまり期待できません。

実はあまり知られてないようですが、ダイエットステッパーには連続して使用できる時間にある程度の目安があります。しかも、その多くが15〜20分という短さです。これでは、やっと効果的な有酸素運動になるところでエクササイズをやめなければなりません。もちろん無視して使い続けることもできますが、劣化が進み故障のリスクは高まります。

この点について、ラテラルサイトレーナーの正規代理店である「ショップジャパン」に確認してみたところ、「故障や異音の原因になるので連続使用は30分まで」とのことでした。正直なところ、有酸素運動をするには30分では物足りないかもしれませんが、15〜20分しか連続使用に耐えられないステッパーが多いなか、このラテラルサイトレーナーは優秀なほうだと思います。

ステッパーは人の全体重がある特定の部品に対して過度に加わるためか、構造的にどうしてもエアロバイクやルームランナーなどのように、長時間の連続使用に不向きです。もちろん使う人の体重や運動方法により連続使用できる時間は変わりますが、できるだけ劣化を防いでステッパーを長持ちさせるためには、ある程度仕方のないところがあります。

ただ、このラテラルサイトレーナーは30分という制約がつくものの有酸素運動が行なえないわけではありません。むしろ、毎日少しずつムリをしないで続けるためには、30分という時間はちょうど切れのいい時間かもしれません。そういう意味では、このラテラルサイトレーナーは下半身や上半身のシェイプアップと同時に、有酸素運動も行なうことのできる数少ないステッパーの1つだと言えます。

7段階の負荷調節で自分にあったエクササイズ

ステッパーを利用した効果的なエクササイズを行なうには、自分のレベルにあったペダル負荷をかけることが重要ですが、ラテラルサイトレーナーでは後部のレバーにより7段階の負荷調節ができるため、自分にとって最適なペダル負荷を簡単に得ることができます。これにより、ちょっとした軽いエクササイズから本格的な筋力トレーニングまで、目的に応じてラテラルサイトレーナーを使い分けることができるようになっています。

実は、ステップ運動で負荷調節が問題なく行なえるというのは意外と大切な点です。ダイエットステッパーの中には負荷調節ができる範囲が極端に限られていたり、初めから負荷調節ができないものや、できてもコツが必要で、なかなか思いどおりにいかないものもあります。これでは自分のやりたいと思っている効果的なエクササイズは行なえません。

ラテラルサイトレーナーでは負荷調節のできる範囲がかなり広いようで、ほとんど負荷のかからないレベルから、まったく踏み込めないレベルまでペダルの負荷調節が可能になっています。これなら誰が使っても最適な負荷に設定できるので、思いどおりにならずイライラしてしまうこともありません。下半身のシェイプアップでは負荷を重くし、減量を目的とした有酸素運動では負荷を軽くしてやることで、自分の目的にあった効果的なエクササイズを実現できます。

ラテラルサイトレーナーの評判について

最後にラテラルサイトレーナーの評判について触れておきたいと思います。いつ頃からか、いろいろな掲示板でラテラルサイトレーナーに関するトラブル情報を目にするようになりました。

ペダルが動かない。
異音がする。
すぐ壊れる。

などです。

しかし、これはラテラルサイトレーナーのような大ヒット商品になると、ある程度は仕方のないところがあります。というのは、ラテラルサイトレーナーは他のステッパーに比べ販売台数が格段に多いため、トラブルが発生する確率は他のステッパーと同じでも絶対数が多くなります。

たとえば、1000台に1台の割合で何らかのトラブルが起こるとします。1万台販売すれば10台にトラブルが。100万台販売すれば1000台にトラブルが発生することになります。

そうすると、販売台数が多いほど結果的に掲示板などに書き込まれるトラブル情報の件数も多くなり、どうしても「ラテラルサイトレーナーは壊れやすい」とか、「品質が悪い」という意見が目立つようになります。おそらく、ラテラルサイトレーナーに取って代わる製品が登場したとしても、また同じような状況になるに違いありません。

個人的には、このラテラルサイトレーナーは他の同様のステッパーと比べても決して品質は悪くないと思います。それどころか、「30日間返品保証(ショップジャパンのみです)」まで付いているのは、ラテラルサイトレーナー以外にありません。裏を返せば、それだけ品質に自信があるということの証しでもあります。そうでなければ商売になりませんし、ましてや世界で100万台も売り上げる大ヒット商品になることもなかったはずです。

さて、今回ラテラルサイトレーナーを特集したわけですが、思っていたとおりダイエットステッパーとしては良くできた製品です。このラテラルサイトレーナーなら気になるウエスト、ヒップ、太ももなどの下半身をシェイプアップして、理想のプロポーションを手に入れることも決して夢ではありません。下半身が気になる人はぜひトライしてみてください。

posted by オレンジの種 at 21:59 | 特集記事

2005年10月17日

風船ダイエット用のダイエットバルーン

風船ダイエットで使用するダイエット用のゴム風船を紹介します。風船ダイエットのやり方や注意点などに関しては下記の記事を参照してください。

風船ダイエットでは装飾用などとして一般的に売られている、普通のゴム風船を利用して行なう人も少なくないようですが、普通の風船は膨らませずらい上に、すこし手を滑らせるとロケットのように飛んでいってしまうことがあります。特に膨らませたあとで風船の空気を抜くときは注意が必要です。気を付けていても手を滑らせてしまうことが意外とあります。部屋の照明やインテリアなどに当たると危険な場合もあるため気を付けなければなりません。

その点、ダイエット用のゴム風船は吹き込み口に専用のマウスピースを装着して息を吹き込むようになっているため、滑りにくく扱いやすくなっています。また発売元の説明によれば、普通のゴム風船と比較してダイエット効果でも違いがあるということなので、その意味でもダイエット用に売られているゴム風船を利用したほうが良さそうです。どうやら風船ダイエット用に販売されている商品は、ダイエットに適した最適な負荷がかかるように設計されているようです。

現在、ネット通販で購入できるダイエット用のゴム風船としては、「バルーンdeスリム」と「ダイエットバルーン」の2商品があります。どちらの商品が良いかは一概には言えませんが、風船ダイエットでは同じ風船を何回も膨らませるため、何かの拍子に割れてしまうことが少なからずあります。そのため、ある程度継続して風船ダイエットを行なう人は、少し多めに風船を用意しておいたほうがいいかもしれません。

関連記事
風船ダイエット(1) はじめに
風船ダイエット(2) 風船のふくらませ方
風船ダイエット(3) やせる仕組みについて
風船ダイエット(4) 有酸素運動として行なうには

posted by orangepip at 16:31| 商品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。